付き合い始めた彼と服装があわず、相談してから出かけることになりました。

付き合い始めた彼とデートの日はいつも、何を着て行こうかあれこれ前日から迷ってしまっています。あんなに一生懸命選んだのに待ち合わせ場所で何時も思うことは、「ファッションでは気が合わないかも」と感じることでした。
「今度のデートは、何着て行く?」の一言が聞けません。

私が思いっきりオシャレをして行けば彼は綿シャツにデニムみたいな格好で、周りから見れば気の合わないカップルにしか見えないでしょう。

彼もそれをチョッピリ感じていたのか、次のデートの約束をしたときに「パーカーにデニムで行くから」と自分が着て行く服装を伝えてくれました。「じゃぁ、私もパーカーにミニスカートで行くから」と彼に伝えました。

ちなみにマットレスも趣味が合わないと辛いものがありますよね。
私はこういうのが良いのですが>寝返りが少ないし、寝返りで目が覚める私が見つけたマットレス

デート場所はお台場です。

最高の天気だったので、大観覧車に乗ろうということになりました。

ナント、64台中4台しかないシースルーゴンドラに乗れるチャンスガ巡ってきたのです。

しかし、この日は私はミニスカートです。「誰も見ないからゴンドラに乗ろう」という彼にムカついて乗るのをやめてしまいました。
でも、やっぱり大観覧車に乗りたかったので、日が暮れライトアップされたゴンドラに乗って二人で夜景を楽しみました。

最近のテレビを見ていて思うこと。

最近テレビを見ていて思うことがあります。
それは、女性なら1度はハマったことがある人が多いでしょうジャニーズについてです。昨年、Hey! Say! JUMPが10周年yearだったこともあり、毎日、誰かしらメンバーの一人がテレビに出ていました。

歌番組にも引っ張りだこで、おかげで、人気もグッと上がり、ライブチケットも入手困難に。

私自身も去年はHey! Say! JUMPにハマりファンクラブに入会しました。

しかし、10周年yearが終わったとたん、メディア露出が減ったように感じます。

そして、最近はキンプリやSexy Zoneといったグループが目立ち、Hey! Say! JUMPの時と同じように、今、若者に絶大な支持を得ています。

ジャニーズ事務所の場合、あ、今このグループ全面的に推してるんだな~というのが目に見えてわかるので、なんだか面白い反面、大変だなと思います。
またYouTubeが始まったり、最近はジャニーズ事務所も昔ほどお堅い事務所ではなくなったこともあり、仕事の可能性が広がる反面、キラキラアイドルも大変だなーと思います。

こちら:https://xn--9ckxbhh9i4bx683bn4a.xyz

旦那が出張から帰ってきた

この1週間出張で離島に行っていた旦那が今日帰ってきた。
船での渡航だったので、行はまだマシだったらしいが、今日は恐ろしく波が高く2回吐いたらしい。どうりで少しやつれたようだった。
一週間、旦那不在で子ども2人とだけで過ごしたけど、思いのほか…いや、思い通り家事・育児に負担は無かった。
むしろ旦那の世話がない分、楽ができたかもしれない。

参考≫https://xn--pck4e3a2ex597b8f4b.xyz

旦那も仕事自体はヒマなものだったらしく、観光に行ってるんじゃないかと思うくらい写真がLINEで送られてきていた。本人は釣竿を持って行かなかったことを後悔していたがちゃんと仕事しろ!と言いたくなった。
ともかく、久しぶりに家族がそろったので、晩ご飯は旦那の好きな豚の角煮とレモンチキンにした。向こうでの食事は、寮の食事のようでご飯は固いし散々だったらしい。
仕事場から解放されて気が緩んだのか、いつもに増してご機嫌だった。

なので、別にいなくても変わらなかったという感想は心に秘めておこうと思った。

すっかり桜も見頃なのでお花見に行きました

3月も終盤になり、朝晩は冷えるものの日中は随分と暖かくなってきました。

街を歩く人の服も軽装になり、茶色や灰色ばかりだった服の色もピンクや緑など明るいものが多くなってきた気がします。

慌てて春コートを出しましたが、今週はコートもいらないような陽気が続いています。

日光のあたりぐらいでまだ咲いていないところもありますが、桜も今週末ぐらいがピークでしょう。おすすめ 肉割れ 中学生

職場の方とお昼休みに一緒にお花見に行ってきました。
休憩時間は1時間しかありませんので、おつまみやおやつを事前に準備して
往復10分程の広い公園まで歩きましたが、それだけでも汗ばむような暖かさでした。
公園に到着してみると人の多さにびっくり。

そんなに有名な場所ではないはずなのに、外国人観光客の方もわざわざ桜を見にこの公園まで来ているようです。
ですが遠くから見に来ても納得するぐらい、見事な桜並木でした。

お酒を飲みたいところをグッと我慢して、桜とおつまみを楽しんでから午後の仕事に戻りました。