手の甲の表面を健康な状態に

手の甲の手の甲荒れが生じた場合には、セラミドを補充して頂戴。

 

 

 

セラミドという物質は角質層における細胞間の水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。

 

角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。

 

 

 

手の甲の表面を健康な状態にしておくバリアのように機能することもあるため、欠乏すると手の甲トラブルの原因となる理由です。
(参考:ピーリングジェル手の甲hand.xyz

 

乾燥が気になる手の甲は、毎日顔を洗うこととその後の潤い補給を正しい方法でやることで、良くなると言えます。

 

お化粧をしない日はないというあなたには、化粧を落とす工程から見直しましょう。お化粧落とししていて気をつけたらころは、化粧を残りなく落とした上で同時に、過度な角質や皮脂汚れは無くしてしまわないようにすることです。

 

保水力が弱まると手の甲トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、気をつけて頂戴。

では、保水力をもっと高めるには、どんな手の甲の保護をすればよいのでしょうか?保水機能アップに効きめのある手の甲ケアは、血行を正常にする、美手の甲になれる素材を使った化粧品を試してみる、洗顔の仕方に気をつけたらいう3方法です。

ヒアルロン酸は体内にもふくまれるタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」との名前が付いたゲルみたいな成分です。

とても水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。

 

加齢に伴って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。