コンディみの扱いがわかってきた

むかし、いまひとつ理解できなかったのがコンディミの扱い方。

ジャズ専門の友人にいま演ったキャラバンはコンディミしか使わなかったと言われて完全にはてなマークでした^_^;

今は意味がわかり始めてるのかな?・・

VI7→II7やI7→IV7で後半というか最後までドミナントの雰囲気を残してもOKとか(コンディミ一発)、逆に前乗りもOKとか解釈の許容範囲を広げていくと、最終的に「コンディミしか使ってなかった」という状況にすること”も”できる感じですかね。

結構めまぐるしくコードの変わるDona Leeみたいな曲でもコンディミ2発+若干のコードトーンだけに落とし込めたりすると、語法を全く知らずとも弾けるようになります。

それをジャズと言ったら怒られるのでしょうけど^_^;

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *